卓球・20年ぶりの再生日記

Yahoo! blogから引っ越してきました。

課題練習で必ずやる、フォア前→両サイドツッツキ→両面待ちでドライブ。
これ、相手のツッツキのコースを判断してから、タメてドライブ、という流れでしたが、やはり遅れます。
すでに、バックへのツッツキのみだと、しっかりためて裏面ドライブができるようになりました。あまりミスしないレベルです。ぎゅーっとタメて、弓を射る感じです。

ところが、両面待ちはやはり難しい。とくに相手フォア前からの自分のバックへのツッツキは、時間がありません。(ダブルスでは必ず狙われるパターン)
で、順番を
サーブ→相手ツッツキ→判断→タメ→ドライブ
から
サーブ→タメ→相手ツッツキ→判断→ドライブ
へと変えられないかと研究してます。
どちらに来るか分からない段階で、タメておいても無駄にならない感じがしています。ドライブなら、フォアもバックもタメが必要ですので。
これ、両ハンドドライブが他の人は、普通にできているのかな? もしかしたら、自分が遅すぎただけかもしれません。
ぎゅーっと膝を落としてタメてから、左右どちらかにひねって両ハンドドライブ。

これは、もしかしたら気が付いたのかもしれません。

夜間練習では、若者と。ちょっとレベルが違う相手でしたが、試合をお願いしました。いい練習になりました。
フォア前のストップが浮くと、強烈なパワーフリック。回転量の多いバックドライブ。そして、ラリー中にとっさの対応でカット性ブロックやら何やら変化球が飛んできます。
こちらとしては、ツッツキを狙ってフォアハンドスマッシュ。フォアへのドライブをカウンター。ループをナックル性ショート。そして、狙いすまして裏面バックドライブやカウンター。
結構かみ合って、1-3で負けましたが、いい試合ができました。

定例の練習では、引き技の練習。バックショートのミスが減った気がします。引く分、調整が効きます。強弱や左右、前後のタイミングの対応できる範囲が広くなっていると思います。あとは、高い位置での構え。高軍のイメージです。
関連して、裏面ブロックも引き技の練習。
この辺は、マシン練習を含め、徹底的に刷り込むしかないですね。

ブロックを研究しています。
まずは、バックショート。というか、フォアは比較的できるように思います。引いてます。
しかし、バックは、引けてません。というか、押すことを前提にして構えているので、これ以上引けないところで待ってます。
では、もっと引く余地のあるところで構えないといけません。ということは、ラケットをもっと前に置いて構えることにします。
そうすると、少し引けます。もしかしたら、これかも。
練習した感じでは、悪くありません。しっかり、マシンで練習すれば身に着くかも。ネットインのボールを取れないのも問題でしたが、引ければ取れるかもしれません。
総じて、裏面も含めてですが、引けてませんでした。ブロックで押すわけですから、安定するわけがありませんね。
裏面ブロックは、小学生のブロックを見て研究していました。右にずらしてブロックする練習をしていました。これ、実は引いてますね。
ついに気が付いたかもしれません。憧れのブロックマンへの道を。

↑このページのトップヘ